日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

天皇賞春2019【予想と見解】

皆さんお疲れ様です。

今回は天皇賞春の予想と見解になります。

 

シャケトラ本命予定でしたが、

皆様もご存じの通り安楽死という形でこの世を去りました。

非常に残念です。ご幸福をお祈りします。

 

ということで、今回の本命はエタリオウです。

平成最後に是非勝ってほしいです!

 

見解でも書いていますが、

ユーキャンスマイル、チェスナットコート、クリンチャーに関しては、当日の状態まで追って印を付けるので、

買目配信時にこの3頭がいなかったら察してください。

 

 

1.予想と見解

◎ 2エタリオウ
能力はありますが、なかなか勝ちきれない馬ですよね。
よく関係者から「先頭に立つと垂れる」「抜かれてもあまり追わない」などと言われています。

つまりは集中力がありません。
そういった馬の性格がもろに成績に出ている気がします。
とはいえ、能力は確実に上位ですし距離適性も高いと評価しています。
まず能力面ですがダービーは前残り展開の中、

後方から上がり2位を使ってこじ開けた4着。
日経賞は休み明けで完全叩き台の中余裕ある2着。
菊花賞ではフィエールマンに最後競り負けるも、

大外回すロスの中ハナ差の2着でした。
勝ち切れませんが能力は確実に上位です。
次に距離適正ですが、菊花賞で負けたフィエールマンより適正は高いと見ています。
菊花賞は極端なドスローの上がり勝負で、

かなり特殊な展開だったので、距離適正やスタミナ関係なく上がり勝負の決着でした。
ではなぜエタリオウの距離適性を推すのかというと、それは夏場の成長分です。
この馬は神戸新聞杯の時に+14キロで出走し、

当時のパドックを見ても確実に成長分の馬体重でした。
特に馬体が胴長になったのは長距離向きの馬格としてかなり評価できます。
また中距離でパワーやスタミナが必要なコースを難なくこなせているところから見ても、長距離は問題ないです。
最終追い切りではタイムこそ出ませんでしたが動きはいいです。
こういったタイプの馬の時計は個人的にあまり信用していないので、

動きだけ見て判断すると良い状態だと思います。
不安点は1つ。腰痛で不振のデムーロ騎手ですね。
とはいえ今回の条件なら連は外さないと思うので迷わず軸でいきます。

 

〇 10フィエールマン
末脚はメンバー1だと思いますし、菊花賞馬ですから能力上位は確実です。
前走のAJCCは熱発明けで調整不足の中、

向かない中山でシャケトラと着差なしは評価できますが、

相手関係が弱かったのと展開が味方したことを踏まえると、

高評価まではいきませんが能力の高さは証明できた一戦でした。
しかし、距離適性に関しては個人的に疑っています。
エタリオウの件で話しましたが、

距離適性があまり関係なかった菊花賞だけで適性は判断できませんし、

キャリアも少ないので適性がどの距離なのかも確証がありません。
菊花賞のような展開になれば勝ち負けですが、

先週の馬場を見ても明らかな高速馬場ですし、

逃げたい馬も数頭いるのでスロー寄りの展開にはなりにくいと思います。
また、ディープインパクト産駒の古馬G1は数字でも現れているように信頼に欠けます。
なので距離適性、展開面、血統面の不安から軸にはリスクですが、

紐には抑えておくべき馬だと思います。

 

▲ 5メイショウテッコン
菊花賞で大敗していますが、そもそも上がりの使えないこの馬にとってこのレースは度返し可能です。
日経新春杯も出遅れて3コーナーあたりで最後方から一気に位置をあげましたが、

脚を使い過ぎた分持たず大敗。
この時は休み明けということもあり、若干太め感もありました。
次走の日経賞ではしっかりと仕上げて来て、

エタリオウ相手に逃げ切り勝ちと好内容な走りでした。
不安要素は今回初の58キロで前走から+3キロという点。
前走から+3は0-0-2-22とデータ的にも厳しいですが、
今回は枠に恵まれたので、スタート出て自分のペースで前を走れれば粘り強さはあります。
勝ち負けは厳しくても馬券内なら期待できます。

 

△ 12クリンチャー
昨年の3着馬で能力は元々高かった馬ですが、海外帰りから調子を崩し大敗続きです。
有馬記念は仕方ないとしても、

次走の日経賞で流石に崩れすぎているので悩ましいところ。
海外前の成績を見てもわかるように能力やコース適性が非常に高く、

関西圏だと3-1-2-0で複勝率100%と相性がいいです。
しかし、日経賞で掲示板を外した馬はこのレース過去に21頭いて

全て馬券外になっているのでデータ的に割れてるので難しいです。
となると馬がどこまで回復しているかで評価はだいぶ変わります。
陣営サイドは叩き良化型だし状態も上向きとコメントしているので、

前走以上のパフォーマンスは期待できそうですが、
最終追い切りでは、動けてはいるものの昨年ほどの状態ではないと個人的に思いました。
それと8枠は非常に残念です。

高速馬場もこの馬にとってプラスには働きません。
ですが、この馬に関しては当日の状態まで追って印を付けたいです。
当日しっかり絞れて来てくれれば迷わず印は打ちます。

 

△ 9ユーキャンスマイル
正直かなり軽視しています。
上がり勝負の菊花賞では最速を使って3着と大健闘しましたが、

その後のレースレベルは低く、

斤量も53.54キロと軽かったので好走して当たり前といった評価です。
今回斤量+4キロに加え相手関係が一気に強くなります。
またダイヤモンドS組も0-1-0-13とデータ的にも不安があります。
血統面見てもネイティブダンサー系は過去10年で0-1-0-27。

キンカメ産駒は0-0-0-13と壊滅的です。
枠も外目ですし、当日よっぽど良くない限り切る方向で考えています。

現段階では念の為印まで。

 

△ 1チェスナットコート
こちらもトニービン持ちのハーツクライ産駒です。
昨年の5着馬で斤量58も経験しています。
昨年は枠にも恵まれた5着ですが、

先着された馬はクリンチャー以外G1勝ちしている馬だったので、

そのレベルでの5着は高評価です。
日経賞ではイマイチでしたが厩舎的にここは叩き台。

上積みは見込めます。
昨年と同じ枠からのスタートとなるのもプラス要素です。
ただ最終追い切りは買える内容ではなかったです。

確かに動きは良化傾向ですが、昨年の状態とは程遠いですね。
枠が良いだけに、こちらも当日まで追って印を打ちたいと思いますが、

切る方向で考えてます。


☆ 6カフジプリンス
トニービン持ちのハーツクライ産駒が

よく穴を開ける春天で血統的な背景もあり、

且つ長距離適性のあるこの馬の期待値は個人的に高いです。
前走は勝ち馬こそ強かったものの、

それでも人気以上に走り2着は評価できます。
欲を言えば内枠が欲しかったですが、ギリギリ狙える枠ですね。
スタミナ勝負の展開になれば穴を開ける可能性はありますし、
最終追い切りでも動けていたので、ここは期待の穴馬です。

 

2.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e