日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

初心者必見【馬連の組み立て方】

皆さんお疲れ様です!

最近いくつか質問をいただいたので、

今回は馬ノスケが実際に馬連馬券を組み立てる時に

考えていることをポイントごとに解説していきます。

よろしくお願いします。

 

 

1.馬連馬券の組み立てについて

今回は私がよく使う馬連馬券についてご説明したいと思います。

基礎からおさらいすると、1着2着を順不同で当てる馬券になります。
3連系や単馬券と比べ配当は低いですが、当たる確率は前者より高くなります。

 

馬連馬券を組み立てる上で意識していることがいくつかあります。
①軸1頭からの流し馬券
②軸は信頼できる馬を探す
③軸馬は1〜3番人気でできるだけ探す
④紐に必ず穴馬か中穴馬を入れる
⑤回収率よりも的中率を意識する

 

1つずつ説明します。

 

2.各ポイント解説

①軸1頭からの流し馬券

買目を減らすために流し馬券を選択しています。

配当があまり見込まれない馬券なので、

ボックス買いや軸を増やして的中を狙いに行くと、

点数が多く回収率に大きく影響がでますので、私は必ず軸1頭から流します。

※私の場合、紐は最大5点まで

 

②軸は信頼できる馬を探す

軸1頭から流すので、紐が来ても軸が飛んだら馬券になりません。

この馬券の核となる軸馬は信頼できる馬にしましょう。

 

※穴党の人は3連系馬券をおススメします。

1.2着に軸が来ないといけない馬連に対して、

買い方次第では3着以内に入れば馬券になりますし配当も見込めます。

 

③軸馬は1〜3番人気でできるだけ探す

信頼できる軸馬探しを後押しするデータとして、

1〜3番人気が全て馬券外になる確率は7%しかありません。

確率的にも軸は人気どころから選ぶ方が良いです。

 

④紐に必ず穴馬か中穴馬を入れる

軸が固くても紐が荒れるケースは結構あります。

これは明らかに強い馬を無理してマークするあまり馬がバテたりして、

自分の競馬ができず、穴馬に好走されてしまうと言ったことが原因のひとつです。
紐選択の際に例えば、

紐を5点用意したとして、人気馬3頭、中穴1頭、穴馬1頭選択すれば、

人気どころで的中率をカバーしつつ、穴が絡めばそれなりの回収が見込めます。

 

⑤回収率より的中率を意識する
先述した通り、3連系や単馬券よりも配当があまり見込めないのが馬連です。
的中率をある程度維持させないと回収率の維持は難しいので、

的中率を意識しましょう。

 

これら5点を意識して私は馬連馬券を組み立てています。
人それぞれ考え方や馬券スタイルが違うので、

ひとつの考え方として皆様の参考になれば幸いです。

 

 

3.買目の無料提供

重賞と平場の買目、平場限定で推奨馬をLINE@で配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。

是非よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e