日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

ヴィクトリアMC 2019【予想と見解】

お疲れ様です。馬ノスケです。

今回はヴィクトリアMCの予想になります。

 

今回、雨予報もあったので

結構な頭数の見解を書いたので参考になれば幸いです。

当日は馬場状態や馬の状態を見てここから絞って買うので、

最終予想はLINE@で配信する印と買目を参考にしてください。

基本的に◎〇▲☆の変更はないと思います。

 

 

1.予想と見解

◎ 9プリモシーン
ここまで1600mは3-2-0-3内重賞2勝で、東京1600mでは過去に未勝利戦とNHKマイルに出走しています。

昨年のNHKマイルでは0.2秒差の5着で掲示板を確保しています。
前走のダービー卿CTでは牡馬相手にクビ差2着で、

勝馬と同じ斤量を背負っていたこを踏まえると、着実に力をつけてきています。
時計の裏付けがあるのも、ペースが流れそうな今回はプラス要素ですね。
しかも、ある程度流れても末脚を使える点は、

今回のレース傾向とマッチしてるので評価できます。
また、ここまで馬券を外した4回中3回は全てG1で、

尚且つ出遅れているので、相手関係的にも仕方のない内容。
唯一出遅れなしで負けた2走前のターコイズSでは、

出遅れなかった分中団に控えるも、直線で揉まれ壁ができ伸びを欠いたのが敗因でした。
東京での未勝利戦や新潟の関屋記念で勝っていることを踏まえると、

今回左回りで広い東京コースに代わるのはプラスに働きますし、むしろ絶好の舞台です。
枠も良いところ引きましたね。

強いて言うなら、出遅れ癖があるので偶数番が欲しかったところです。
能力値や舞台代わりも含めて高評価なので、ここは軸で行きたいと思います。

 

〇 2レッドオルガ
屈指の東京巧者で東京コース2-1-2-0複勝率100%です。
また、この馬の母エリモピクシーの仔が東京マイルで活躍しており、

東京1600m成績がレッドアヴァンセ1-0-2-0、レッドヴェイロン1-0-1-0と血統面から見ても東京コースの適性が高いです。
前走の阪神牝馬Sで7着に敗れましたが、出遅れが響いて展開も前残り。
しかし上がりは33.0秒で2位の脚を使えたことは評価できます。
今回は得意の東京マイルに戻るのはプラスです。

メンバー強化となりますが、ロスなく立ち回れば十分期待できる馬だと思います。
前々走の東京新聞杯でも中団からしっかり伸びて2着。
勝馬の強豪インディチャンプとは0.1秒差ですし、3着馬のサトノアレスも強い馬なので、このレースレベルで2着は評価できます。
強いて言うなら、出遅れてスタート脚を使ったインディチャンプに斤量2キロ差なら負けないで欲しかったですね。
とはいえ、牡馬相手に十分な結果なので評価しています。
今回唯一の不安材料は枠です。

内に入ってしまったので、出遅れたら厳しい競馬になります。

スタートがそれほど良くない馬なので、ここは減点ですね。

 

▲ 4ノームコア
鞍上のレーン騎手が現在絶好調で、昨日の東京では4勝していました。

まだ来日して間もないですが、東京コースは問題なさそうです。
そして、ノーザンF天栄を経由して来ますし、追い切りでも文句なしでした。
左回りは問題ないですし脚質は自在なので、内枠でもあまり影響はなさそうです。

強いて言うなら、窮屈にならない中枠が欲しかったですが、

どの位置からでも競馬できるのは強みですね。
前走の中山牝馬Sでは中団内側を追走し、道中は窮屈な競馬。

直線でも揉まれようやく抜け出した頃にはゴール手前という仕方のない内容でした。

ラストは脚を余して伸びて来ているので、

今回の広い東京代わりはこの馬にとってプラスに働きます。

高速馬場も歓迎ですね。
不安材料はマイル適性です。

以前に500万下のアスター賞で勝てていますが、

相手関係的に当たり前と言った内容なので、

勝ち鞍があるから適性があるとは言い切れません。

2000m前後で走ってきた馬なので、この距離短縮が向けば馬券内は期待できそうです。

 

△ 11アエロリット
関東開催の安田記念で好走した馬はマイルCSで勝てず、逆にや安田記念で負けた馬はマイルCSで好走する。といった法則は有名な話です。
この背景にはコース形態や展開面の違い関係しています。
ちなみにこの馬はヴィクトリア4着、安田記念2着です。

ヴィクトリアは良馬場なら馬券内だったでしょう。
そして、マイルCSは12着の大敗です。
つまり、法則通りなら2走前のマイルCSは度返しして考えることができます。
とはいえ、これだけでは信憑性に欠けるのでこの馬の成績を振り返ります。
この馬の関西成績は0-0-0-3と悪いですが、関東開催は3-5-0-1で得意舞台となります。
唯一馬券外に飛んだヴィクトリアMでは馬場が影響し直線切れ負けした4着。
それでも掲示板に来ていることは評価できます。
ちなみに関東圏で良馬場だと3-5-0-0で連対率100%です。
また鉄砲が効く馬で、休み明けは1-3-0-0で連対率100%に加え、ノーザンF天栄帰りです。
最近の競馬は休み明けでも天栄やしがらきで仕上げた馬の好走が目立つので、

今回の休み明けという点も特に不安はないですし、

追い切りでも動けているので状態は問題ありません。
しかし馬場に左右される馬で、良馬場だと4-5-0-1に比べ良馬場以外は0-0-0-5とはっきりしています。

当日良馬場なら良い印を打ちます。高速馬場も歓迎です。
気になる点は、陣営は安田記念をメイチで考えているようで、

ここでは完全に仕上げてきていないという点ですね。
調教も緩めですし、いつもの休み明けとは違い今回は海外帰り。

そのダメージを考慮した仕上げなら、ここは無理せず安田記念が狙いだと思います。

 

△ 6ラッキーライラック
アーモンドアイがいなければクラッシック取れていた強い馬です。

前走の阪神牝馬Sで1.5倍の1番人気で8着と大敗しました。
このレースは前残り展開で、好スタートから中団に控えたことが敗因かと思います。
直線は壁があり伸るまでは遅かったものの、

ラスト200mあたりからようやく伸びてきました。

状態が悪かった訳ではないと思います。
追い切りでもいつも通りタイムも出てましたので、

やはり状態面というよりか位置を下げ展開や直線の壁に泣いたレースかなと思います。
この馬の全走見ましたが、明らかに先行しないと好走できない馬です。

全9走中馬券外2回はいずれも4角6番手以下でした。
先行してある程度上がりは使えますが、中団後方から差せる脚はないので、

今回も馬券に絡むなら先行することが前提と考えます。
また、マイル成績は4-1-0-1で負けたのは前走の阪神牝馬のみ、

東京マイルはデビュー2戦目のアルテミスSで好走実績があります。
この馬は関西の経験が豊富なだけに、今回はベスト条件ではないですが、

オークスでも3着の実績もあるので、左回りは問題ないと思います。
少しきになる点は、前走直線で内に斜行していた点。

パトロールビデオを見ると石橋騎手がすごい乗り方をして真っ直ぐ走らせていました。
気になって調べると、2走前の中山記念や桜花賞でも少し内に斜行しており石橋騎手が修正してました。
こればっかりは走ってみないとわかりませんが、

左変わりがどう影響するか重要ですね。
この馬は追い切りでいつも良く見せてくるタイプですが、

今回はかなり仕上げてきたなと思った内容でした。

Bコース代わりで内枠先行のこの馬にとっては絶好枠を取りましたし、能力的にも普通に考えたら馬券内ですが、

斜行癖がやはり不安なので、抑えに回す予定です。

 

△ 18フロンテアクイーン
一昨年前のヴィクトリアMでは12番人気で8着でしたが、

スタートでやや出遅れ大外枠ということもあり、

最後方の集団で追走し大外を回すロスをするも、上がり最速を使って8着と健闘。

枠が真ん中より内側なら掲示板に届いてもおかしくない内容です。
それ以降の成績は1-5-2-2で複勝率80%と安定しており、内7レースが重賞。

負けた2レースはエリ女と2走前のターコイズSです。
ターコイズSではスタートで少し遅れたのと外枠だったこともあり、

スタート直後に脚をかなり使い前へ出た分、後半伸びを欠いた4着でした。
それでも直線は粘り見せ場を作っていましたので、

枠の差で負けたようなレース。内容は良かったです。
また、昨年の秋に行われた府中牝馬Sではディアドラ、リスグラシューに続く0.1秒差の3着も評価できます。
加えてメイショウサムソン産駒といえば関西に比べ東京や中山で成績を残している血統です。
6歳牝馬ながらここに来て馬体のボリュームも良く、

さらに1段階パワーアップしていると思います。
前走は重賞も勝ってますし、ここ1年の走りも安定しているので、

穴馬としての評価は非常に高いです。
ただ、枠が最悪ですね。

ある程度先行して抜け出さないと、G1で切れる末脚はないので後方からだと厳しくなります。
この馬の内側にいるソウルスターリング、サウンドキアラ、カンタービレは先行馬なので、平凡なスタートだと位置どりが厳しくなる可能性が高いです。
スタートを決めて前に出るであろうアエロリットに着いて行く形でスムーズに先行できれば、見せ場を作れる能力と状態にあると思います。

 

△ 7ミッキーチャーム
個人的には危ない人気馬だと思ってます。
アーモンドアイさえいなければ秋華賞を取れてた馬なので能力は評価していますが、

今回不安なのは長距離輸送です。
この馬は輸送に弱く、新馬戦以降唯一馬券外に飛んだ2走前の中山牝馬Sでは、

川田騎手の口からも輸送が原因と言われていました。
過去の戦績を見返すと、馬券になったのは関西圏と滞在競馬の北海道がほとんど。
小倉の未勝利戦で3着でしたが、500万下止まりの低レベルなメンバー相手に勝ちきれなかったのは、少なからず輸送が関係してると思います。
また前走マイルG2を勝っていますが、

前走の内容だけで東京マイルに合うとは限りません。

前走阪神牝馬Sの1着馬は0-0-0-9とデータ的にも厳しい面もあります。
スピード的に長い方が合いそうですし今回は直線の長い東京に変わるので、

前走のように運ぶのは難しいかもしれません。
輸送も絡みますし、調教も良いだけに当日まで追って印打つか判断しますが、

当日の状態が非常に良く、ハナをきってドスローの展開にならない限り厳しいと思うので、現状では切る方向で考えています。


△ 8デンコウアンジュ
2年前のヴィクトリアMで後方から上がり33.2の最速を使い2着と大穴を開けたのがこの馬です。
東京は1-1-0-7と安定しませんが、馬券内に入った1つはヴィクトリア2着。

もう1つはG3で1着。しかも負かした馬が後にG1を2勝したメジャーエンブレムです。これでわかる通り本当にムラの激しい馬です。
ですが最近になりだいぶ安定してきており、

昨年のヴィクトリアMを11番人気12着と大敗後、

以降6レースを走って人気以下に走ったのは富士Sの1回だけ。
前走は0.4秒差をつけて快勝しています。
今年も雨予報が出ているので、2年前のように馬場が荒れそうなら、

有力馬が潰れてこの馬が後方から突っ込んでくる可能性もあります。
ただ展開はスロー希望で、且つ馬場が渋ればチャンスはありそうですが、

このままいけば良馬場開催ですし、メンバー的にもペスーもスローにはなりにくいと思います。
血統面ではフロンテアクイーンと同様メイショウサムソン産駒なので、

東京開催はプラス要素なので、馬場次第で印打ちます。

 

☆ 1アマルフィコースト

前有利の展開となった場合、狙いたい穴馬です。

今回絶好枠を取ったので評価を見直した1頭です。

Bコース替わりで内枠先行もある程度粘れる状態なので、

逃げ先行してくると予想されるこの馬にとっては絶好枠です。

まず前走の阪神牝馬Sですが、ドスローの前有利でハマった感はありますが、

そもそもこの馬はスプリントで使われてきた馬のなので、

ある程度流れるレースになってもは問題ないです。

良馬場以外だと0‐0‐1‐1ですが、良馬場は2‐4‐3‐0と今回は条件が良いですし、高速馬場もこの馬に味方します。

また、阪神牝馬Sの2着馬は1‐1‐2‐6で現在3年連続で馬券内にきているデータもプラス材料です。

中京のOP戦で左周りの実績はありますが、

基本関西の右回りを中心に使ってきた馬で、

直線の長い左の東京や新潟は初なので、そこが合うかどうかですね。

とはいえ馬場と枠を味方に付けたら展開次第で面白い一頭だと思います。

 

☆ 12ワントゥワン

外差し有利の展開になった場合、狙いたい穴馬です。

この馬は出遅れ癖があるので外目の偶数番は良い枠を取れました。

スタート出れれば、あとは隣のアエロリットについていくだけです。
東京マイルは1-0-1-2で、昨年のヴィクトリアMは最後方から上がり3位を使って14番人気9着。

馬場が渋ったこともあり、それほど目立つことはなかったですが能力は低くないです。
前走の阪神牝馬Sは前残りの展開不向きと、

開催週の馬場というこの馬にとっては不向きな条件でのレース。
そもそも阪神牝馬SとヴィクトリアMでは求められる適性が違うので、

今回得意の左マイルへの代わりはプラスに働きます。
この馬は東京だと1-1-0-1で唯一の馬券外は昨年のヴィクトリアMです。
ちなみに左回りだと3-4-0-3と連対率70%なことからも、

今回左の東京代わりはプラス材料です。
また、昨年の関屋記念で今回人気するプリモシーンと着差0.0のクビ差2着です。

この時上がり33.4のプリモシーンに対し32.8を使って最後方から捉えきれず、

位置どりの差が結果に直結してしまいましたが、

ある程度流れたペースでこの上がりを使えたことはプラス材料ですし、

プリモシーンの斤量が51キロに対しワントゥワンは54キロを背負っていたことを考えると高評価です。
追い切りでは相変わらず良いとこを見せませんが、

追ってから伸びないのはいつも通りなので評価は下げません。
現在全く人気していない大穴ですが、

差しが届きやすく波乱傾向のあるヴィクトリアなのでチャンスはあると思います。
最後方からとなると厳しい面もありますが、

中団あたりで追走できれば、舞台代わりと能力面から展開向けば3着までなら期待を持てるので穴で狙います。

 

2.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e