日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

安田記念2019【予想と見解】

皆さんお疲れ様です。

馬ノスケです。

 

今回は安田記念の予想となります。

アーモンドアイとダノンプレミアムの頂上決戦で注目されています。

2強対決で決まるのか、ここに割って入ってくる馬がいいるのか

注目の一戦となります!

 

1.予想と見解

◎ 14アーモンドアイ

前走海外が過去10年で1-0-0-20と不審なデータはあるものの、

最近の競馬はデータが通用しないので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

追い切りでも馬なりで軽く流すいつもの内容で、

追ってからもしっかりと反応していたので状態は問題ないです。
それよりも、これまでアーモンドアイは55キロが最高斤量でしたが、

今回初の56キロを背負うので、どちらかというとこちらの方が不安材料ですが、

三冠牝馬にしてジャパンCとドバイターフを制している現役最強と言われている馬なので、

休み明けや斤量に関しては能力でカバーできると思います。
現在の東京は明らかな前残りで、後方からの差しが届きにくい馬場です。
特に内馬場は非常に伸びており、オークスやダービーでも真ん中やや内目を走った馬が伸びて穴を開けていました。
となると、去年の桜花賞やオークスの時みたく大外から後方一気だと届かない可能性も今の馬場では考えられます。
その点、ジャパンCで見せた先行策で脚質の自在性を証明できたのでここは大きなプラス要素です。
今回はアエロリットが内枠から逃げると予想してるので、

ジャパンCのキセキの時のように番手につけて直線抜け出しという形が、

今の東京馬場を考えると理想的な展開だと思っていましたが、

7枠なので無理せず中団あたりで控える形を取ると予想します。
出遅れ最後方で大外回さなければ能力は抜けているので届くはずです。
この馬に逆転するなら、アーモンドアイが最後方からになりアエロリットが逃げ切るか、
好位で立ち回ったダノンプレミアムが抜け出し届かなくなる展開くらいだと個人的に思います。

前走のドバイターフですがラスト詰められる展開でした。

これは決してアーモンドアイの状態が悪かったわけではなく、

深い外国の馬場に苦戦したことが原因だと思います。

前走で分かったのはアーモンドアイはパワー馬場が苦手ということ。

今の東京馬場はパワー馬場ではないので前走で見られた不安はないと思います。

ここは勝ちを期待したい。


〇 15ダノンプレミアム
ダービーからの長期休暇明けながら圧巻の連勝劇をしている強力な馬で、

アーモンドアイとの頂上決戦とまで言われています。
明け初戦から2走ともG2勝ちですが強い相手関係の中勝っていますし、

東京マイルの実績も持っています。
去年のダービーで唯一馬券外の6着になりましたが、

好位から運んで距離持たずと言った内容なので、

やはり距離は3戦全勝しているマイルがベストだと思います。
今回初の斤量58キロとなりますが、

馬格もあり普段より1キロ重いだけなので問題ないとみています。
残念なことに大外枠なので、スタートで脚を使う分枠の不利は影響しそうですが、

能力面からして高速馬場も対応できると思うので馬券内は硬いと見ています。
内枠に入ればアーモンドアイとの勝ち負けまで期待してましたが、

この枠だと難しいと個人的に思います。

 

▲ 2アエロリット
ヴィクトリアMの時も話しましたが、

関東開催の安田記念で好走した馬はマイルCSで勝てず、逆にや安田記念で負けた馬はマイルCSで好走する。

といった法則は有名な話です。
この背景にはコース形態や展開面の違い関係しています。
この馬は昨年の安田記念を5番人気2着と好走するも、

マイルCSでは2番人気12着の大敗でしたので、この法則通りなら好走確率は高いです。
また、関西成績は0-0-0-3と悪いですが、

関東開催は3-5-0-2で得意舞台となりますのでここもプラス要素。

昨年はヴィクトリア4着→安田記念2着と、

東京マイル適性はやはり高いと見ていいでしょう。

昨年のヴィクトリアMで馬券外ですが、

馬場が渋ると走れない馬なので4着で十分です。
前走のヴィクトリアMは5着と敗れるも、敗因ははっきりしています。
敗因は道中のペースですね。

横山典弘騎手に乗り替わりましたが、

外目の枠から逃げる形となるまでは良かったのですが、

かなり早いペースで逃げてしまった為、

ラスト直線で番手で溜めた馬に交わされてしまいましたが、

それでも5着に残ったのは馬が強い証拠です。
今回は逃げ先行策が上手い好調の戸崎騎手に乗り替わりなのはプラス要素ですし、

今の東京馬場は内が伸びる前残りの馬場なのでこの馬にはプラスに働きます。
不安材料は1つ。ヴィクトリアMの反動です。

やはりあれだけのペースで飛ばした反動が無いわけないので、

どこまで回復しているかが問題です。
追い切りや当日の馬体が問題なくても見えない疲れは存在しますし、

今回は3着までといった評価に留めます。

 

△ 4サングレーザー
前走大阪杯では追い切りでは抜群の時計、距離適性、休み明け走れると言った理由で印を打ちましたが、結果12着と大敗でした。
今回も追い切りでは良かったので、

岩田騎手+内枠ということで穴人気しそうな馬ですが、

色んな視点から考察してみます。
まず血統ですが、ノーザンダンサー系が安田記念では好走しています。

サングレーザーは母父ノーザンダンサー系なので血統面はプラス材料です。
しかし前走着差1.0秒以上は0-0-0-21とデータ上の不安要素もあります。
やはりこの馬に印を打つには前走の敗因がある程度まとまらないと難しいです。
大阪杯を振り返るとスタートは出るも挟まれ後方からの競馬でした。

直線では大外へ回し全く伸びずといった内容。
大阪杯は時計のかかる馬場で直線は内側が残る前残りの展開でしたが、

掲示板を確保したエアウィンザーは後方から内側で伸び5着。

マカヒキも後方から真ん中で伸びて5着としっかり伸びていました。

逆に大外回したサングレーザー、ブラストワンピース、ペルシアンナイトは伸び悩んだところを見ると、外が伸びず内が伸びる前残りの馬場でした。
大阪杯当日の阪神9R明石特別は大阪杯と同コースでしたが、

このレースも外は全く伸びず内側有利の前残りでした。
また、追い切りでは抜群の時計をマークしましたが、

当日は太め残りの状態だったことも凡走の原因かと思います。
これらのことから、サングレーザー凡走の原因はロス競馬と馬場、

太め残りが大きく関わっていると個人的に思います。
となると今回内枠とイン突きの上手い岩田騎手を確保できたことは大きなプラス材料ですし、

国内レースで1.2枠時は5-0-1-0という点から見ても、

内枠の今回は印を打ちたいと思います。

 

☆ 7モズアスコット
前走のマイラーズCは海外明け初戦で厩舎的にも叩き台です。
矢作厩舎の明け2戦目ということもあり狙ってきていると思います。
追い切りでも加速ラップを3週連続で出しているので、

前走よりか状態の上積みは十分見込めます。
そもそもスワーヴリチャードやアエロリットを抑えて勝った昨年の覇者で、

コース実績もあり左回りは勝率100%の左回り巧者です。

この枠なら十分狙えますし、

ルメール騎手から坂井騎手への乗り替わりや、

近走成績で人気しないのであれば狙いたい馬です。
ちなみに昨年の安田記念1着後マイルCS13着という点で、

アエロリットの見解で話した法則にも当てはまります。

 

 

消し候補

8ステルヴィオ
アエロリットの時に話した安田記念とマイルCSの法則通り行けば凡走の可能性は高いですが、

それだけで軽視するのも危険なので、

他にも切り要素や買い要素がないか考察していきます。
まず距離適性ですが、前走の大阪杯で6人気14着と大敗しています。

丸山騎手のコメントで距離が向かなかったとあるように、

この馬は2000m以上が0-0-0-3に比べ1800m以下だと4-3-1-0とかなりハッキリとしています。

2000m以上のレースが全てG1ということもありますが、

この3走全て人気以上に走れていませんし、マイルCSを勝ったG1馬でもあるので、

能力が明らかに足りなかったというわけではありません。
丸山騎手のコメントでもあるように、やはり距離はマイル向きの方が合います。
しかし今の東京は高速馬場で毎週のようにレコードが出ています。
持ち時計が1分33秒台と時計の裏付けがないこの馬が

高速決着に対応できるかと問われると難しいですし、

アーモンドアイとダノンプレミアムの2強に割って入る可能性は低いと予想します。
レーン騎手で人気するなら危ない人気馬かもしれません。

 

5インディチャンプ
この馬は先行策をあまり得意とせず、
後方で脚を溜めて直線で末脚を発揮するほうが向いていると思います。
前走は番手で立ち回るも直線伸び悩み4着と人気を裏切る結果になったのも、
いつもより前で運んだことが裏目にでたと思いますし、
昨年のアーリントンCでも先行して好位で立ち回り伸びを欠くと言った内容だったので、
やはり後方待機で脚を溜められる展開が向くと思います。
今回内枠を取ったので、中団後方で待機して直線で内を突くことができれば理想ですが、

今の東京馬場は内伸びで外差しが難しいので、

後方から直線で壁ができ外へ回すと届かない可能性は高いです。
馬体重がだいぶプラスで出てきそうなので、

当日の状態を見て印を打ちたいと思います。

 

2.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。(日曜朝配信)

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e