日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

エプソムカップ2019【予想と見解】

皆さんお疲れ様です。

今回はエプソムカップの予想です。

天候の行方が微妙なので馬場次第で印は変わってきますが、

とりあえず良~稍重設定の印となります。

馬場次第で切る馬と買う馬を分けるので、

今回の紹介で印は多いですが、買目はいつも通り5点以内に絞ります。

 

※買目の配信について

仕事の関係で今回は朝の段階でLINE@で配信しています。

なのでこのブログを読んでからの登録ですと買目は届きません。

大変申し訳ありませんが、今回新たにLINE@を登録された方で買目を知りたい方は直接LINEをください。個別に対応いたします。

14時以降だと仕事の関係で連絡が取りづらくなりそうですので、よろしくお願いします。

 

それでは予想と見解です。

 

1.予想と見解

◎ 7プロディガルサン
屈指の銀メダルコレクター。
2着が多いのはソラを使ってしまう癖があるからです。

2走前の六甲Sでは明らかに追ってなかったですね。
やる気になれば重賞でも結果を残せる能力はあるので、

今回の相手関係なら前が詰まらない限り勝ち負けレベルだと思っています。
最終追い切りではレーン騎手が乗り、

反応良くしっかりと追い先頭にたっても止まることなく好内容、好仕上がりだと思います。
今回ノーザンFがレーン騎手を確保したということはここが狙い目ということでしょうかね。
良馬場開催がベストですが、稍重程度なら問題ないと思います。

重馬場までいったら他に評価できる馬がいるので対抗まで印を落とします。

ここ最近スタートが悪い点は不安ですが、

今回のメンバーはスタート出ない馬が多いですし、

出遅れても直線では馬郡を縫って好走しているので出遅れ癖はそこまで不安に思っていません。

 

〇 4ソーグリッタリング
重馬場なら軸にします。
今回3枠4番と内目を確保し、内にいるハクサンルドルフとショウナンバッハはスタート出ないので簡単に位置どりが取れる絶好枠です。
今年に入って六甲Sと都大路Sを連勝しており、

前走の都大路Sは中団追走から最終コーナーで位置を上げ、

直線入ってから力強く伸びてレベルの違いを見せました。
馬体も成長しておりこの相手関係でも、

能力面の成長と今回の枠を考えると勝ち負けレベルだと判断しています。
馬場が渋った時の方がこの馬向きだと思うので重~不良馬場まで渋れば軸、

良~稍重の馬場なら対抗評価で考えています。

 

▲ 14ダノンキングダム
内枠引いたら本命候補だった馬。
まず東京適性ですが3-4-1-2と相性が良く、

これを2000m以下で見ると2-4-1-0と今回のコースは得意舞台です。
ですが能力面でやや劣る印象。
やはり1000万クラスでだいぶ足踏みをしていましたし、

ここまでの相手レベルも低く今回の相手関係的に劣る印象です。
しかし脚質的に逃げ先行ということで、

今回は逃げ先行が不在なので大外枠とはいえ、

スタートで後手を踏まなければ楽に前に行けるはずです。
今の東京馬場はこの馬にとって追い風ですし、

枠は有利に働きませんが東京適性と脚質面も踏まえて紐には抑えておきます。
加えて雨の影響で良馬場開催になったとしても、パンパンの良馬場とまでは回復しないと思うので、高速馬場にならないのもこの馬にとっては追い風。
馬場が渋って時計が掛かる馬場になるのも歓迎です。
スタートを決めスロー寄りで逃げる展開が個人的に理想です。

 

△ 5アップクォーク
前走の六甲Sを大敗していますが苦手な阪神右回りでしたし、

初のマイルでこの馬の条件とは異なるレースです。
前走の大敗で人気を落とすならここは狙い目。

東京開催なら変わり身は十分期待できます。
というのも、この馬は東京開催だと4-2-1-1と相性が良く、

唯一馬券外になったのは新馬戦だけです。
内容的にも新馬戦以外は全て上がり2位以内を使えていますし、

上がり32秒台が出せる点も能力面の評価ができます。
良馬場の方が合いそうですが重馬場や稍重でも実績があり、

走りを見ても馬場不問だと思います。
今回内目の枠を引けましたし、

先行力もあるので穴を開ける可能性は十分あると思います。

 

△ 8ミッキースワロー
プロディガルサンとこの馬が能力的には抜けている印象ですが、

今の東京馬場を踏まえると取りこぼす可能性は考えられます。
安田記念ではスタートと直線で不利があったものの、

あのアーモンドアイが届かなかった現在の東京馬場は外が伸びず内が伸びる前有利の馬場。
この馬はスタート悪く直線一気タイプなので、

後方から大外に回したとして内ラチの馬を捕らえられるか馬場的には難しいところです。
内に入ると前が詰まる可能性も高いですし。
1番の不安点は逃げ先行不在で馬場も水を含んでパンパンの良馬場には回復しないはず、

となるとペースはスロー寄りになる可能性が高く、

この馬にとって向かない展開になってしまいます。
高速馬場ならもっと良い印を打ちたかったのですが、

時計の掛かる馬場だと末脚不発となりそうです。
とはいえ前走の新潟大賞典では最高斤量の57.5を背負って上がり32.9を使っての2着、

昨年のジャパンCでも出遅れ4コーナーで13番手から上がり最速で5着と、

やはり能力は高いですし、この相手関係なら力上位は間違えないので印は打ちますが、馬場が渋った場合は評価を下げます。

 

☆ 11カラビナ
東京開催は2-1-0-0と連対率100%で相性がいいです。

ここまでOPクラス以上での勝ち実績はありませんが、

重賞でも馬券になった実績のあるダイワギャグニーと前走メイSで0.3秒差2着、

グレイトフルSではパフォーマプロミスに0.1秒差2着と強敵相手に良いパフォーマンスを見せています。
前走のメイSでは相手関係はそこまででしたが、9ヶ月半ぶりの休み明けでの好走。
伸びる内馬場を味方につけて内ラチから上がり2位の33.3を使って2着と好内容。
2000m以上で使われてきた中距離型でしたが、

前走で1800mを走れることも証明済み。
今回も得意の東京で前走叩いた上積みを考えると穴を開ける可能性はあります。
馬場が渋った方がこの馬に向くと思います。
馬場状態や逃げ先行不在でスロー寄りの展開が予想されるのもプラスですし、

前でも競馬できる自在性を持っているので、

このメンバーで武藤騎手なら先行策をとってもおかしくないです。

 

☆ 2ハクサンルドルフ
昨年の2着馬。そして昨年の悪夢。この馬に泣かされた記憶が今でも残っています。
この馬はエプソムカップ2着後に6戦して全て掲示板外の大敗です。
合わない中山の2走と前走のダートを除いても、東京と新潟のマイルで凡走しているので、今回は全く人気しないと思います。
陣営も昨年のエプソムカップ後はG1を目指すと意気込んでましたが結果振るわず。
シャドーロールを付けたり、母系血統の面からダートを使わせたりと試行錯誤していますが失敗に終わっています。
ではなぜこの馬を今回評価しているかというと、雨による馬場悪化が向くからです。
この馬は良馬場以外だと2-2-0-1と成績が良く、

昨年のエプソムカップの直線を見ても弾むように駆け抜けており、

勝ち馬のサトノアーサーにあと1歩のところでした。
最近の大敗理由を考察してみましたが、
エプソムカップ後の芝レースは良馬場の高速決着が多く、

この馬とは真逆の適性が求められていました。

スタートが悪いため終いの脚を使えても、

前が残りやすい展開で着順も振るわなかったと見ています。
なので今回の馬場悪化で変わり身は期待できます。
この馬は集中力がないので、直線でもキョロキョロしてることが多いですが、

スイッチが入って前を向いてからの脚は評価できます。
ここ最近大敗しているレースでも終いの脚は使えているので評価できます。
重、不良馬場なら印を打ちます。

 

2.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。(日曜朝配信)

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e

 

※冒頭でもお話ししましたが、仕事の関係で今回は朝の段階でLINE@で配信しています。なのでこのブログを読んでからの登録ですと買目は届きません。

大変申し訳ありませんが、今回新たに登録された方で買目を知りたい方は直接LINEをください。個別に対応いたします。