日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

宝塚記念2019【予想と見解】

お疲れ様です。

今回は宝塚記念の予想となります。

よろしくお願いします。

 

 

1.予想と見解

◎ 2レイデオロ
どんな展開になっても走れる柔軟性は驚異的です。

成績見ても国内は7-2-1-1と抜群の成績です。

外国では成績が落ちますが、

普段と違う環境でのレースですので度返しで考えます。
コース形態が似ていることから求められる適正も似ている

有馬記念を2着と好走しており、今回のレース適正も高いと評価しています。
ベストは良馬場ですが道悪になっても

良馬場以外で1-1-1-0と問題ない点もプラス材料です。

スローの瞬発力勝負となった場合、

この馬にとっては厳しい展開ですが、

今回の舞台は阪神2200m内回りの宝塚記念ですので、

求められる適正は瞬発力ではなく持久力。

適正もありますし、能力面見てもこの馬が1枚上手です。

そしてノーザンF天栄にルメール騎手と今年の鉄板で上半期締めてもらいたいと思います。

 

〇 4アルアイン

まず2走前の金鯱賞ですが、

このレースはこの馬の苦手な瞬発力勝負となり、

掲示板は確保したものの、ダノンプレミアムと0.9秒差と大差で負けました。

このレース内容はこの馬とは逆の適性を求められたので、ここは度返し可能です。

注目したいのは大阪杯です。

穴馬で高評価をした馬で、見事勝ってくれました。

まさか勝つとは思っていませんでしたが。

内容振り返ると逃げたエポカドーロを番手で追走し、

直線で交わして先頭に付けるとしぶとく粘って勝ちました。

このレースは雨の影響が残り時計の掛かるレースでした。

今回も同じ阪神で雨の影響も残るので、大阪杯と似たような状況です。

前走の内容や追いきりをみても状態が非常にいいです。

3枠4番を確保したので、逃げるキセキを番手で追走する展開になると思います。

流れる展開はこの馬向きですし、長く良い脚を使えるという面でも、

この宝塚の舞台は合うと思うので今回も評価は高いです。

 

▲ 7マカヒキ
今年に入って状態がだいぶ上がってきた馬です。

ディープインパクト産駒の6歳牡馬がこの時期に入って状態が上がることは稀ですが、

京都記念や大阪杯を見ても状態が良いです。
まず昨年の札幌記念ですが、洋芝で稍重と馬力が必要なレースでした。

内容的にも流れた展開の中、

大外回すロスがありつつも直線で伸びて2着と好走しました。
次に中山記念ですが、このレースも時計の掛かる馬場でスローペースでしたが、

後方から追走し外を回すロスがありましたが、直線でしぶとく伸びて3着。
この2走を見る限り、瞬発力型というよりか長く良い脚を使うタイプです。

パワーや持続力と言った面でも、

この2走で証明できているので宝塚記念の適正は高いと判断しています。
大阪杯では後方から進めるこの馬にとって最内枠と不利な枠で、

直線入って壁ができてしまい無理やり外に出しすロスがありましたが4着と好走。

外枠なら馬券内だったくらいの内容だったので、能力の裏付けができます。
今回偶数番ではなかったものの6枠を確保、

追い切り内容もよくここは穴馬として期待したいです。

 

△ 11リスグラシュー
宝塚記念の過去10年の牝馬成績が1-3-4-11で複勝率42.1%という数字は驚異的です。

これは夏になると調子を上げやすい牝馬ならではの特性や、

牡馬の斤量が58に比べて牝馬は56キロという差が影響していると思います。
この馬の成績を見ても国内外問はず安定した成績。正直強いです。
小柄な馬でマイルよりのスピード勝負もこなせて、

2000m前後の中距離もこなしてしまうオールマイティな素質もあります。
2200は昨年のエリ女で勝っていますし距離は問題ないです。
気になる阪神競馬場の成績ですが1-2-3-0で複勝率100%、

上がりも全て3位以内を使えているところも評価できます。
また道悪巧者で良馬場以外だと0-4-0-0と安定した数字。

天気が崩れたらこの馬にとってプラスに働きます。
不安材料は2つです。

ハーツクライ産駒が0-1-0-10と血統面で嫌いたいデータがあるのと、

阪神内回りがこの馬に合うのかという点です。

ベストは直線がある程度長いコースですので、

小回りや直線の短さがこの馬にとって大きな不安要素となります。

 

切り候補

1 キセキ

高速馬場巧者のこの馬にとって、

現在の時計が掛かる阪神馬場は得意条件ではありません。

おまけに週末の雨予報で馬場が悪化したらさらに厳しい条件になってしまいます。
大阪杯で2着と好走しましたが、

あの展開だったらアルアインを捉えなければいけないレースだと思います。

ラスト足が止まってしまいましたね。

強い内容の2着だとは個人的に思っていないので、

このレースの内容は平凡な評価に留めておきます。
とはいえ能力の高い馬ですし、

良馬場なら脚質面を活かして馬券内に来る可能性はありますが、

今回は勝ち負けレベルではないと思っているので、3着までといった評価にします。

買目に入れるかは当日の馬場状態次第です。

 

3 エタリオウ
スローの瞬発力勝負になれば有力候補ですが、

キセキが逃げてある程度流れると予想しているので、

この馬向きの展開にはなりにくいと思います。
また、宝塚記念は瞬発力よりも持続力やパワーが要求されるレースですので、

瞬発力で勝ってきたこの馬にとって舞台適正的に厳しいレースになりそうです。
ただ今年の重賞で4歳馬の馬券内率が高くそう言った点では怖い要素となります。

 

9 クリンチャー

まず関西圏の成績が良く、3‐1‐2‐1と前走の天皇賞春以外全て馬券内です。

天皇賞春では状態面やスローの上がり勝負の展開と、

この馬の条件とは違った内容のレースでした。

今回はキセキが引っ張る流れが予想されますし、

パワーや持久力の求められるレースですので、この馬には得意舞台です。

加えて雨の影響で馬場も荒れているので、

良馬場以外なら評価は上がります。

追い切り内容見ても海外から帰ってきて1番の出来です。

積極的に前で競馬できれば馬券内は期待できると思います。

重不良馬場なら買い、良馬場なら切り、稍重なら当日の状態を見て買います。 

 

12 スワーヴリチャード
この馬の得意としている展開はスローの瞬発力勝負。

中山記念やジャパンCを見ても共に持続力勝負の展開で直線詰められる競馬をしていました。
この馬が馬券外になったのは、

スタートで不利のあった去年の天皇賞秋以外は全て中山競馬場によるものです。
中山競馬場は皆さん知っての通り瞬発力よりもパワーや持続力がいるコース形態で、

他のコースより適正が出やすいのがこの競馬場の特徴です。
これらのことを踏まえてもパワーや持続力型というよりか瞬発力型だと思います。
今回の宝塚記念で求められるのはパワーや持続力ですので、

この馬にとっては適正面で厳しいレースとなりそうです。
海外明け初戦ということもあるので、当日の状態をみて判断したいと思います。

 

2.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e