日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

CBC賞 2019【予想と見解】

お疲れ様です。

今回はCBC賞の見解です。

 

現状馬場が全く読めず、

日曜の馬場まで確認してパドック後にLINE@で最終結論出します。

土曜の馬場は稍重でもタイムは出ており、

開催週らしく前残りの展開が多かったですが、

雨が降り続く影響で、さらに悪化する可能性があります。

 

時計の掛かる馬場になったとき、

好走条件がだいぶ変わってくるので、

ひとまず2パターンの印で紹介します。

 

 

1.予想と見解

時計の掛かる馬場なら

◎ 7ビップライブリー
良馬場以外で3-3-0-2と道悪巧者なので、ここは道悪適性を高く評価しています。
前走の春雷Sでは番手から運び直線で競り勝ちましたが、

相手関係が弱かったわけではありません。
3着のカイザーメランジェは次走の函館SSを勝っていますし、

2着のレジーナフォルテはOPやリステッド競争で上位を確保している馬です。
おまけに5着のタイムトリップは石清水Sでレッドアンシェルに勝っています。
2年前とはなりますが中京で0-1-1-0のコース実績もありますし、

和田騎手騎乗時は1-3-1-0と相性の良いコンビに乗り替わりは非常にプラスです。
展開的にはスロー寄りが希望。

ハイペースになると力を発揮できないので、

雨の影響次第ではこの馬に向く可能性は高いと思います。
枠的にも5枠7番と丁度良く、

両隣に先行馬がいないのもスムーズに出れそうで良いですね。
展開的には内にいるショウナンアンセム、ラインスピリット。

外にいるレッドアンシェル辺りが前に出ると予想されるので、

その後ろに控える形をとるはず。

となると枠的にもスムーズに位置どりができると思います。
追い切りでも、1週間前と最終共に6F78秒を切る自己ベストで状態は上向きです。

馬場が悪化し時計の掛かる馬場となった場合、この馬に本命の印を打ちます。

 

〇 3セイウンコウセイ
中京専用機、というより高松宮記念専用機と言った方がしっくりきますね。
この馬の中京成績が1-1-0-1でこの3走がすべて高松宮記念です。

ハイレベルな舞台での好走歴は適正面や能力面で評価しないといけません。
加えて洋芝でパワーのいる函館SSで勝利実績もあるので、

持続力が必要なこの舞台の適正は高く評価しています。

道悪も走れるので馬場も気にしなくて大丈夫です。
斤量58キロで不安視されていますが、

背負い慣れている面もありますし、

ここは能力でカバーできると思います。
不安点は休み明けです。
鉄砲が効かない馬なので、ある程度割引が必要です。

馬場次第ですが土曜日のように明らかな前残りの馬場なら本命候補です。

 

▲ 2ショウナンアンセム
中京芝1200mは全会場の中で1番長い直線と傾斜の関係で差しが決まりやすく、

CBC賞では梅雨の影響でタフな馬場傾向になりがちです。

前走の高松宮記念では17番人気3着と大健闘しました。

このレースでは内を走った3頭で決まり、ダノンスマッシュが届かない大波乱。
馬群の中にいた有力馬が総崩れの中、

内を突いて伸びた内容は展開面や位置的有利もありましたが、

後方からしっかり上がりを使って伸びたことは十分評価できます。
今回は高松宮記念組のアレスバローズやセイウンコウセイより軽い斤量56キロなのも良いですね。
展開的にはスロー希望です。

脚を溜めて直線勝負の展開になれば馬場が悪くても走れる馬ですし、

雨の影響でペースが落ちれば展開面が向く可能性は高いと思います。
状態に関しても、中13週の帰厩初戦となりますが追い切り内容は良く、

最終はポリトラックで時計を出しているところを見ても状態は良いと判断しています。
不安材料は枠です。
中京競馬場がリニューアルされた2012年以降、CBC賞の1.2枠は0-0-1-23と総潰れ。
コーナーがきついため内を回った馬のスピードが落ち、

差し有利に向く特徴もあり外で運んだ差し馬にかわされてしまうのが原因の1つです。
今回この馬は2枠2番を引いてしまったので、それなりに割引が必要となります。

 

☆ 11メイショウケイメイ
鬼門の3歳馬。
3歳馬は過去10年で0-2-0-13と一見壊滅的ではないように見えますが、

過去5年の5.6歳馬以外を見ると0-0-0-29と壊滅的。
データ的に厳しい面もありますが、

同じ3歳で評価するなら人気するアウィルアウェイよりこちらを取ります。
ここまで良馬場しか走ってませんが、

勝った2走はどちらも時計の掛かるレースでした。
5着に敗れたFレビューでは、時計の掛かるタフな馬場で、

坂を登った辺りでバテて失速したアウィルアウェイよりか、

しぶとく粘って掲示板を確保したメイショウケイメイの方が評価できる内容です。
桜花賞の大敗はそもそも相手関係が無理なので度返し、

葵Sは軽い馬場で今回求められる適正とは異なる内容です。
血統面見てもワークフォース産駒はパワー型が多く道悪はこなせるタイプ。

母父のデュランダルは夏競馬が非常に強かった馬です。
ちなみにこのレースで穴を開ける血統は、

父サンデー系以外×母父サンデー系が多く、この馬が見事にその血統です。
今週も雨の影響でかなりタフな馬場となるので、穴としては面白いかもしれません。

 

高速馬場なら

◎ 4アレスバローズ
昨年の勝ち馬で、中京成績は1-1-1-1と適正が高く軽視禁物の一頭です。
前走の高松宮記念ですが、

このレースは馬場で決まったレースと言ってもいいでしょう。
内側を走った先行勢が止まらず大荒れ。

この時この馬は終始馬群の中で3コーナー辺りで不利を受けるなど、

自分の競馬が出来ず大敗という形でしたので前走の着順は気にしなくていいと判断しています。
不安材料は馬場と展開です。
昨年のCBC賞や北九州記念で連勝していますが、

どちらも高速馬場で流れた展開を味方に付けた結果です。

馬場が渋って時計が掛かりそうな今回はこの馬にとって不利に働くと思います。
ちなみに昨年のCBC賞は斤量54キロで勝ちましたが、

今回は57.5キロと昨年より3.5キロ重くなるのも厳しいですね。

良馬場なら迷わず軸で買いましたが、

馬場が渋ったら3着までといった評価に落とします。


〇 9レッドアンシェル
前走の彦根Sで完勝。能力見込まれここは人気を背負いそうですが、個人的には勝ち負けレベルではないと予想します。
馬場が渋り時計の掛かった石清水Sでタイムトリップに直線交わされていますし、
他にも、重馬場開催の垂水Sでもキョウヘイとエンヴァールに競り負けているあたり、やはり馬場が渋ると切れ味が鈍る印象です。
ちなみにこの2レースはどちらも単勝2倍代の1番人気でした。馬券内に残していますが、この相手なら勝ちたいレースでしたね。
今回のメンバーならと思いたいですが、それでも良くて2.3着止まり、順当なら掲示板程度の評価ですので3連系なら抑えますが、連の紐なら馬場を見て決めたいと思います。
目安としては重馬場以上なら切り、稍重程度なら連でも紐に抑えておきます。

 

消し候補

13 アウィルアウェイ

今回初の中京を走りますが、適正面で不安があります。
まず中京芝1200のおさらいですが、

1200mでは全会場で1番長い直線と傾斜の関係で差しが決まりやすく、

CBC賞では梅雨の影響でタフな馬場傾向になりがちです。
この馬の3走前はFレビューでしたが、稍重開催で時計の掛かる馬場。

直線急坂もありパワーやスタミナが問われたレースでした。
この馬は番手を追走しましたが、

直線坂を上ったあたりから足が止まり、

そのまま沈んで7着と人気を裏切る結果となりました。
馬は仕上がっていましたし、

休み明けが原因というよりかガス欠で負けたと言ったレースだと判断しています。
それと比べ前走の葵Sは最終週ながら時計が出る馬場で、

ロスなく中団で立ち回り3着。

上位2頭に切れ負けするも直線でしっかりと伸びて内容は悪くなかったでが、

今回求められる適正とは違うレース内容でした。
能力のある馬ですが、これまでのレース内容や馬体的にも450キロ代と小柄なこともあり、軽い馬場の方が合います。
さすがに良馬場回復はないと思うのでタフな馬場となるでしょう。
個人的に狙うならここではないので、今回は切る方向でいます。

 

2.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e