日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

関屋記念2019【予想と見解】

お疲れ様です。

本日は関屋記念の予想となります。

このレースは自信があるので、

意地でも取りたいところです。

 

アイビスサマーダッシュの時にコース解説をしましたが、

また解説してくださいとの声をいくつかもらったので、

今週からコース解説も行っていきます!

 

 

1.コース解説

コースはワンターンの左回り(外)。

スタート出て登り坂となり、

コーナーがキツくここでペースは緩む。

直線はJRA最長の659mということで、

スローの末脚勝負になりやすいコースです。

また最終コーナーの下り坂で加速しやすい為、

4F勝負の持続力も必要となるコースです。

 

2.予想と見解

◎ 10ロシュフォール

前走七夕賞で1番人気11着と大敗しましたが、

ハイペースで流れて末脚を伸ばした後方有利な展開の中、

後方で脚溜まらず直線伸びずに大敗。

朝方の雨で時計の掛かる馬場となっていた為、

それなりにパワーも必要なレースとなりました。

合わせて苦手な小回り(右)で休み明けと、

かなり条件は悪かったレースでした。

その分、ダメージは少なく済み、

むしろ良い叩き台になったと見ています。

やはりベストは左回りの新潟や東京です。

この2会場だと成績は4-0-1-0と文句なし。

勝ったレースは未勝利戦や条件戦になりますが、

馬券内に来た6レース全てにおいて、

スローペースからの上がり最速で好走していることから、

今回の関屋記念の適正は非常に高いと言えます。

相手関係的にも1600万下のアメジストSで

東京巧者のダノンキングダムを下していたり、

新潟大賞典では、

出遅れが響き着差0.1秒の3着でしたが、

その後鳴尾記念、小倉記念を連勝したメールドグラースと

七夕賞を勝ったミッキースワローに次いでの3着。

4着のルックトゥワイスもその後目黒記念を勝っていたりと、

高いレースレベルでの好走実績は能力の裏付けになります。

注目されるのが距離です。

ここまで2000mを中心に使われてきており、

ここに来てマイルに短縮となりますが、

近走見た感じスタミナ不足な面もあります。

実際に新潟大賞典後にルメール騎手が、

残り100〜200mくらいで馬がバテていたと言っていましたし、

血統背景見てもキンカメ産駒の母系にアンブロワーズです。

キンカメ言わずとも知れた万能種牡馬で、

母系血統の血を引き出しやすいとも言われています。

母系アンブロワーズは1400〜1600mで走ってきた馬ですので、

古馬になって距離適性がマイル寄りに

なりつつある可能性も血統背景から考えられます。

個人的に近走の走りっぷりや血統背景から

今のこの馬にとって新潟1600mは

ベスト条件だと言う判断でいきます。

 

そして、この場を借りて

キングカメハメハが昨日亡くなってしまいました。

ちょうどこの記事を書いている途中の出来事だったので非常に悲しいです。

ご冥福をお祈りします。

 

 

〇 14ミエノサクシード

近走スロー寄りで流れた阪神牝馬S、京都金杯、ポートアイランドSを好走しており、

いかにもスロー寄りな展開を得意としています。

その点でこの関屋記念と非常にマッチしそうな一頭です。

最近だとG1のヴィクトリアMや

牡馬混合の中京記念でも、

ある程度流れた展開の中で6着、4着で

内容も評価できます。

特に中京記念では、

後方から内側の馬群をこじ開け

前有利なレースの中、

上がり2位の脚を使って4着だったことを踏まえると、

非常に強いレース内容だったと思います。

ヴィクトリアMでも、

直線で真ん中あたりが伸びる特殊な馬場でしたが、

直線入って後方から最内を伸びて来て、

上がり2位33.1の脚を使って6着と健闘。

どちらも位置取りひとつで着順が上がったような走りっぷりでした。

次に左回りに関して、

成績は1-1-1-5と奮っていませんが、

馬券外5回中4回は中京で、

もうひとつは今年のヴィクトリアMなので、

左回りが苦手と言うよりか、

中京適正が低いと見たほうが良いです。

その点、今回の新潟マイルでは実績があるので問題ないとは思います。

しかし、この馬の得意コースは阪神の外回り。

阪神外回りは3Fの上がり勝負となりやすく、

持久力よりも瞬発力を問われるコースです。

今回の新潟マイルはスローからの直線末脚比べとなりやすい為、

瞬発力も必要ですが、最終コーナーの下り坂で加速する分、

4F勝負となり持続力も必要になります。

その点で最後甘くなりそうなので、

今回は対抗評価に下げます。

 

▲ 3ケイデンスコール

左回り巧者で2-2-0-0と抜群の安定感。

新潟マイルも2勝しており、コース実績もあります。

阪神で馬券外に飛んでいるのは、

おそらく坂が苦手なのだと思います。

また、これまで馬場が渋った朝日杯以外、

上がり最速を使える点も、

関屋記念の適正に合うので高評価です。

前走のNHKマイルでは14番人気2着と大健闘。

後方待機で脚を溜めて直線一気。

しっかりと最後まで脚を使えたことにより、

内のカテドラルを捉えることができました。

この時発揮した持続力は、

新潟マイルの舞台でも大きな武器になります。

そして前走から-4の53キロの斤量で走れる点もプラス材料となります。

ちなみにロードカナロア産駒の

新潟芝1600m成績は

過去10年で勝率20.8%、複勝率45.8%と抜群の成績を残しています。

状態面も抜群で、

1週間前追い切りでは、好反応好時計をマーク。

最終は軽めに調整し十分な内容でした。

やはり状態が非常に良いです。

今回3番手評価まで下げた理由は枠です。

関屋記念は外枠有利な傾向。

これは関屋記念に限らず、

このコースは複勝率ベースで見ると

外枠の方が数字が良いです。

今回この馬は2枠3番の内目。

データ上不利な内側に加え、

後方脚質のこの馬にとって、

ごちゃつく内目よりもスムーズに競馬できる外枠が欲しかったところ。

4枠5番に入った毎日杯も

内側後方を追走し直線詰まり、

抜け出してから伸びましたが、

4着と届かない内容でした。

今回はフルゲートなので、

内で揉まれたり詰まる可能性があります。

したがって今回は3番手評価。

 

△ 13ミッキーグローリー

京成杯の勝ち馬で、

前走はマイルCSで5着と好走。

能力面では1番評価していますが、

やはり気になるのは休み明け且つ骨折明け。

この馬は休み明けで走らない傾向です。

4走前のむらさき賞は

休み明けで3着だったものの、

アップクォークに先着されたのは評価できません。

ただマイルCSの内容は非常に強く、

内側が伸びる馬場で前残り展開の中、

外で伸びた馬はこの馬だけです。

この時は状態も非常に良く馬体にも張りがありました。

その時と比べると今回は、

馬体が細くなっています。

絞ってきたというよりか、

肋が見えている状態なので、

単純に細くなったという印象。

状態はマイルCS時以外と判断します。

血統はディープインパクト×メリッサ。

ディープインパクト産駒の新潟芝1600mを過去10年で見ると、

勝率9.1%連対率24.1%複勝率34.1%と安定した数字です。

母系のメリッサは夏に活躍していた馬なので、

その点もプラスに取れます。

状態面の不安もありますが、

国枝+天栄+ルメールに加え、

外枠を確保してきたので無視はできません。

今回は抑えまで、本命で狙うのは叩いた後にします。

 

☆ 12フローレスマジック

ようやく左回りマイルに帰ってきました。

2年前のクイーンCを3着で終えてから、

左回りマイルどころか、

左回りですらあまり使われていませんでした。

左回りマイルの成績は2年前とはなりますが1-2-1-0と安定しており、

この舞台戻りで巻き返したいところ。

この馬の好走時はほとんどスローペースなことからも、

今回の関屋記念の展開は向く可能性はあります。

注目すべきは血統面。

ディープインパクト産駒の牝馬ということで、

古馬では成績の落ちる牡馬ですが、

牝馬なら好走率も高く保たれています。

そして母父にstormcatを持っていますが、

ディープインパクト産駒でこの母父を持っていると

新潟芝で複勝率が4割近くに跳ね上がります。

今回テン乗りの三浦騎手がどのように捌くか次第ですが、

血統背景や展開面に加え

左回りマイル戻りでこの人気なら

狙う価値は十分にあるかと思います。

 

3.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e