日曜日を給料日にする競馬予想!

日曜競馬の重賞予想、平場予想、競馬情報等をお届けします。競馬初心者の方にも競馬の魅力をたくさん伝えたいです!普段Twitterで活動していますので、気になる方はフォローおねがいします!

スプリンターズステークス2019【予想と見解】

皆さんお疲れ様です。

 

秋のG1がいよいよスタートします。

幕開けはスプリンターズステークス。

グランアレグリアとステルヴィオ回避により、

メンバーレベルが少し寂しく映りますが、

ダノンスマッシュやタワーオブロンドンなど、

現在のスプリンターではトップ級の馬も出走するので、

楽しみな1戦となります。

 

よろしくお願いします。

 

 

1.コース形態

中山1200m外回りで行われます。

ゲートを出て下り坂が続くため、

基本的に前半のペースは上がりやすく、

最後の直線に急坂があるので、

スタートからスピードを持続し

ラスト急坂を上りきるタフさも必要なので、

前有利になりやすいコースです。

阪神コースに似ていることから、

阪神での好走歴が適正に直結することが多々あります。

 

2.予想と見解

◎ 7モズスーパーフレア

陣営も気にしているように、

間隔が詰まると走れない馬だと思います。

遡ると、高松宮記念は中2週で15着。

ファルコンSは中1週で5着。

紅梅Sは中3週で6着。

小倉2歳Sは中1週で7着。

このように間隔が空いてないと凡走傾向にあり、

その点を考慮し、

楽なローテでここを目標に準備してきた点は評価でします。

また2走前の高松宮記念の敗因は、

厳しいローテによる状態不安と

スタートで脚を使わされた点が大きいと思います。

スタートで脚を使わされた分後半は失速。

状態不安を考えると後半の失速は頷けます。

今回は前走の北九州記念からの楽なローテ。

前走は+26キロ出走の明らか叩きに来た1戦で上澄みもあります。

ちなみに前走の敗因については、

まず馬体からわかるように叩き台だった点と、

前が総潰れの外差し展開だった点です。

この馬は4角3番手から粘りこみ4着でしたが、

4角3番手以内にいた他の馬は10着と17着と惨敗。

このようになかなか強い粘りこみだったのがわかります。

このような決して弱くない内容で叩きここへ標準を合わせています。

そして今回の舞台は得意コースの中山開催です。

中山は3‐1‐0‐0と相性抜群なのでこの点も評価したい。

またこの馬の持ち味はスピードとそれを持続できる能力。

つまりスピード押切競馬ができるという点。

これは前有利の中山なら相性に関しても頷けますし、

中山で出した走破タイム1分7秒0は

このクラスでも通用するタイムだと思います。

 

〇 8タワーオブロンドン
距離を短くして3戦しましたが、

出足や追走力など、
スプリントの流れに対応できるようになってきました。
その証拠に前走のセウントウルSをレコード勝ちして、
一気に本格化気配です。
このレース自体レベルとしてはそこまで高くないものの、

高速馬場で前残り展開の中、

中団から上がり最速の33.2秒を使ってレコード勝ちは評価高いです。
ただ個人的に最も評価したいのは、
2走前のキーンランドCです。
個人的にこの一戦でダノンスマッシュとの力量差がだいぶ見えた気がします。
というのも、
私はキーンランドCでダノンスマッシュの単勝馬券を配信しました。
能力を非常に評価している馬で、
洋芝平坦の札幌出走。メンバー見ても
まず右に出るものはいないと踏んだからです。
結果着差0.1秒でギリギリの粘り勝ち。

まさかここまで詰められるとは思いませんでした。

そしてその2着に詰め寄った馬がタワーオブロンドンです。
本当に強い馬だと思いました。

※リナーテも同様に強かった。
もし札幌の直線があと少し長いか、
もしくは急坂があったら順位は逆転していたかもしれません。
このレースはダノンスマッシュが4角6番手から抜け出し、
上がり35.3を使って勝ちましたが、
タワーオブロンドンは4角12番手から
上がり最速34.9を使っての2着。
ハイペースで流れたことから後方有利の展開となりましたが、
完全に位置取りの差で負けています。
このことからキーンランドCにおいて、

ダノンスマッシュよりかは強い競馬をしています。

その矢先でレコード勝ちしてますから、
一気に本格化したと言っていいでしょう。
次に中山1200mの適性面に関してです。
このコースは最後の直線に急坂があり、
阪神のコース形態と似ています。
その馬は前走阪神開催のセウントウルSでレコード勝ち。
距離は違いますが、
阪神開催は3勝3着1回と非常に適性が高いです。
しかし不安点もあります。

それは前走レコードの反動と今回3戦目となる疲労です。

過去の出走歴をさかのぼって見ると、

基本2戦して間隔を空けるローテを組んでいます。

唯一3連戦したのは新馬戦からのOP2戦の時だけ。

それから2年も経っていますし、

馬も2戦して間隔を空ける流れに慣れている可能性もあります。

しかも前走レコードですからね。

疲労という面で不安は残ります。

 

▲ 4リナーテ

まずキーンランドCのタワーオブロンドンを評価するなら

こちらの馬も評価しなくてはなりません。

勝ち馬のダノンスマッシュと着差0.1秒で、

2着のタワーオブロンドンとハナ差3着。

しかも終始外を回される展開でロスもありました。

単純に能力を評価して良いと思う内容です。

適正面ですが中山は1度走り7着と負けていますが、

敗因は明確で距離が長すぎて足が止まった点です。

過去の戦績みてもわかる通り

この馬は新馬戦以降の好走歴は全て1400~1200mで

中山凡走時はマイル戦でしたので度返しで考えて問題ないです。

コース的には小回りは函館や小倉を好走してるので、

そこまで不安にはならないですが、

坂適正という点で経験が浅いので、

今回の舞台がマッチするかはなんとも言えないところではありますが、

キーンランドCの内容は非常に評価が高いので、

展開や坂が合えば馬券内に来れる能力はあると思います。


△ 2ダノンスマッシュ
キーンランドCの記事でも書きましたが、
その馬は坂が苦手かもしれません。
考察していきます。
まず、この馬の好走歴は京都、札幌、函館がほとんどで、
これらに共通するのは平坦コースであると言う点です。
逆に坂のある東京、中京、阪神だと、

全6走して未勝利戦で1着1回、残り5走は全て馬券外です。
今年の高松宮記念では圧倒的人気に推されながら、
結果は4着と負けたわけですが、
敗因は内の前残り展開で外を回され、
直線も外が伸びず馬場差があった。
この敗因が1番言われてるかと思います。
私もこの馬場差が大きかったと思いますが、
もう少し細かく観察すると、
直線坂を上ったあたりから

明らかに伸び悩んでいることが映像を見てわかります。
持続力がないから伸びなかったと疑ってみましたが、
キーンランドCは減速ラップの消耗戦。
シルクロードや京阪杯は持続力勝負の展開です。
このことから持続力で負けたという理由はまず薄いです。
そもそもスプリント戦のにおいて、

基本スピード押し切り競馬となるので、
一瞬の瞬発力はあまり求められないことが多いです。
高松宮記念の大きな敗因は位置取りと馬場差ですが、
これらの考察から、
敗因の1つに坂適性があったと個人的に思っています。
そして今回は直線に急坂のある中山開催。
能力に関しては評価の高い一頭ですが、
適性面考えて抑えに回します。

 

3.買目の無料提供

予想や見解はブログにて行っていますが、

買目に関してはパドックで馬体確認後、

本場馬入場までにLINE@で買目を配信していますので、

皆様の参考程度になるかもしれません。是非よろしくお願いします。

また平場レースの推奨馬や買目配信も行っています。

よろしくお願いします!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40ghg1725e